たき火でおいしいな!!12月8日 小学部・早期発達支援室

12月8日と小学部と早期発達支援室で、篠山チルドレンズミュージアム(ちるみゅー)に行って、たき火体験をしてきました。自分たちで、近くの林に行って、たき木を集め、たき火をしました。また、たき火でフランクフルトを焼いたり、皮つきバナナとチョコを一緒にを焼いたりしていただきました。たき火をする体験の少ない子どもたちにとってよい体験となりました。小春日和の中で、おいしくいただきました。

たき火で、おいしくいただいた後は、園内で活動もしました。

もうすぐクリスマス 早期発達支援室

クリスマスソングが流れる季節になってきました。早期発達支援室の教室でも、子どもたちが作ったかわいいキラキラしたクリスマスの飾りが並んでいます。飾りには、足型や手形のサンタやトナカイが飾られたり、松ぼっくりのツリーが飾られたりしています。また、高等部のお兄さん、お姉さんからもクリスマス会の招待状が届きました。子どもたちにっては、わくわく、ドキドキする季節です。

小学部の子どもたちと一緒にスノードームも作りました。

〇〇のあき

早期発達支援室では、小学部のお兄さん、お姉さんたちとフレンチトーストづくりや自動販売機へジュースを買いに行くなど食欲の秋を満喫しています。

これからも体いっぱい秋を感じる活動をしていきます。

ジュースが出てきた!!

ごくごく、おいしいね!!

早期発達支援室も2学期が始まりました

丹波篠山市早期発達支援室も学校と同様、8月28日から活動が始まりました。少しずつ支援室での環境にも慣れて、先生や年上の友達との関りも増えて充実した日々が送れるようになってきました。2学期も交流活動など様々な活動を通して、がんばっていきます。

ささよう運動会 5月27日

5月27日土曜日、ささよう運動会を実施しました。市内の市立学校で一番早い開催となります。早期発達支援室の子どもたちも小学部の子どもたちと一緒に演技しました。保護者の方の参観により、子どもたちは、緊張感とうれしさでいつもとは違う表情や動きがみられました。にこにこ笑いながら演技したり、涙を流して悔しがったりして一生懸命に演技をしました。昨年と違って、全学部の幼児・児童・生徒の声援や応援があり、いっそう盛り上がりを感じた運動会でした。保護者の皆様、ご観覧ありがとうございました。