進路フォーラム 2月6日

2月6日、高等部では「進路フォーラム」を実施しました。PTAの研修部との合同行事となります。

フォーラム前半では、今年卒業する高等部の3年生の生徒の発表をしたり、その保護者からお話を聞いたりしました。生徒の発表では、高等部で現場施設実習で頑張ってきたことやこれからの夢や頑張りたいこと、後輩へのメッセージなどを発表しました。保護者からは、お子さんの子育てのことや就労に向けた思いなどをお話ししていただきました。また、昨年度卒業した生徒の就労先での様子をスライドショーで見ることができました。

後半は、JR西日本グループ特例子会社の西日本あいウィルの方を講師にお招きして、お話を伺いました。特例子会社については、保護者の方も初めて聞かれる方も多く興味深く聞かれている様子でした。

進路や就労については、保護者の方の関心の高い内容です。「来年も参加したい」「就労先の情報を得る良い機会でした」と感想をいただきました。

【参加された保護者の方々の感想】

・息子にとってはまだまだ先のお話のテーマでしたが、今回初めて参加させていただきました。この学校にきっと高3まで通学させてもらうことになると思うのですが、高等部3年を卒業した後のことについては、やはり1番の高いハードルになるだろうなと、今から不安を感じています。でも今日参加させていただいて知らなかったことも多くあり、卒業後も先生方に見守っていただけるのも分かって嬉しいし安心もできました。今後ともよろしくお願いします。

・高等部3年生の保護者の発表が聞けて将来の選択につながりました。生い立ちを聞いて自分の子どもと重なる部分があって共感できました。貴重な意見が聞けてとてもよかったです。また次回も参加したいです。

・今日はいい勉強になりました。高3の2人の作文にとても成長を感じてジーンときました。卒業生のビデオでは生き生きと丁寧に頑張って仕事をしている姿勢に感動しました。高等部の保護者のお話ではこれまで本人に寄り添って歩んでこられたことを感じて頑張ってこられたのだなと思いました。自分の子どもとの将来を考えるに際してとても参考になります。特例子会社の方のお話も興味深いものでした。良い会社があるのだなと嬉しくなりました。ご本人の経験のお話もお聞きできてよかったです。ポジティブでいること、居場所が外にもあること私も参考にします。

・昨年卒業した生徒さんの就職先で働いている映像を見せていただき、それぞれみんな頑張って働いているなと感心しました。そして今年卒業予定の高等部3年生の発表もしっかりと発表できていてすごく社会人に向かって頑張ろうとしているんだなというのが伝わりました。その後、高等部3年生の保護者の方のお話を聞かせていただいて「生まれた時のお話」「幼少期のお話」などを聞かせていただいていると自分も数年後には舞台の前に出て同じように発表しているのかなと思いながら聞いているとウルっとしました。保護者の方も言われていましたが、本当に子どもの成 長は長いようで早く感じるなと実感しました。本日はJR西日本あいウィル特例子会社に勤められている岡﨑さんは 色々大変だと思うのにすごく前向きに頑張っていられるのを見て、私も前向きに頑張らないとと考えさせられました。

・高等部保護者のお話は自分にもそういうことがあったなと思いだすこともたくさんありました。子どもの将来を考えるのは難しいですが色々な親の気持ちが聞けてよかったです。岡﨑さんのお話はとても元気のもらえるお話でした。ポジティブ・前向き・笑顔で!母である私も日々笑顔で元気に頑張ろう!と思えました。ありがとうございました。

・身体が不自由でも考え方ひとつで幸・不幸が変わってくることが分かりました。

・岡﨑様のポジティブで前向きなお話が聞けてうれしかったです。目の前の就職でいっぱいになりそうですが、再就職もあり?市内の就職以外にも視野を広げてもいいのならもっと情報集めが必要なのかと思いました。1人では無理なのでとにかく情報を得ていける機会・場所を教えていただき考える機会・時間をいただけたらありがたいです。

・3年生の発表は素晴らしい内容でした。本人の気持ちや思いがとても伝わってきました。卒業生の紹介は感動しまし たし、ご本人の頑張りが拝見できうれしい気持ちでいっぱいです。作成は大変だと思うのですが、今後継続していただけると嬉しいです。音楽も素晴らしかったです。皆様カッコ良かったです。ご本人にも見ていただけたらいいですね。高等部3年生の保護者様のお話も多くのことが共感できありがとうございました。

・障がい者雇用について身近な先輩から話を聴けるのは心強い。特例子会社の存在は知らなかったので情報として知れてよかった。保護者の話を聞けるのもうれしい。周りは健常の子の親が多いので共感できる話が聞け励みになる。

・自分を大切に自分を持つことが伝わる素晴らしい発表でした。卒業生の仕事を紹介していただき良かったです。笑顔で働ける仕事につけると嬉しいです。子どもにとっていい進路を考えていきたいです。岡﨑さんのお話感動しました。

・卒業された方のスライド等で今後の進路について保護者・在校生とも参考になったと思います。

・卒業生の頑張りにはいつも励まされます。また3年生の発表も3年間の頑張りがうかがえジーンときました。保護者の方の想いは皆同じなのだなあと思いました。毎回いろんな企業の方のお話はこちらからなかなかアクセスできない情報を聞かせてもらい有り難いです。

・卒業生の頑張っている姿を見て感動すると同時に我が子は大丈夫かな心配にもなります。岡﨑さんのお話もとても興味深く聞かせていただきました。会社のことだけでなく働くこと・障がいを乗り越えていくこと自身の経験(きっと言いにくいことも)伝えてくださり勉強になりました。あいウィルのYouTubeで見てみます。

・卒業生のビデオが見れてよかったです。一般企業で丁寧に目の前の仕事をなされてるのを見て希望が持ててきました。その子にあった頑張れる環境を学校はしてくださると思えました。もちろん本人の頑張りが一番と思いますが、本人・保護者・学校とみんなで連絡を取り合いより良い未来につなげていきたいです。保護者様のお話しからお子様への愛情をすごく感じました。先輩の話は胸に刺さりました。子どもの進路を決めるのは大変そうですが、親の気持ちだけでなく子の立場になって考えるのも大事だと再認識することができました。特例子会社のこと初めて詳しく知りました。色々な雇用形態があるのはすごく励みになります。子どもに合った進路をこれからも考えていこうと思います。

篠山東雲高等学校との交流会 11月24日

11月24日(金)東雲高校との交流会を行いました。高等部では、市内3高等学校(篠山鳳鳴、篠山産業)との交流会を毎年行っており、今年度3校目の最後の交流会となりました。今回は、東雲高校に出向き交流しました。交流会では、花の定植作業と高校で飼育されている動物とのふれあいを東雲高校の生徒たちと行いました。

花の定植では、丸形プランターに高校で育てられたパンジーとビオラの苗を一緒に定植しました。久しぶりの再会の生徒もいて、話をして交流しながら楽しく取り組みました。

動物との触れ合いではヤギやアンゴラウサギ、犬、牛を見せていただき、一緒にえさやり体験をしたり、抱かせていただたりしました。また、犬の散歩や、牛の毛のブラッシング体験も東雲高校の生徒がお手本を示してくれたり、サポートしてくれたりしながら体験ができました。

鉢植えしたプランターは、学校に持って帰り大事に育てていきます。貴重な時間を作っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。東雲高校の生徒のみなさんを含み3高等学校の生徒のみなさん、先生方ありがとうございました。

高等部学年別校外学習11月2日

11月2日高等部では、学年ごとに校外学習に行きました。特に1年生では、高等部1年生としては初めての校外学習となりました。今回は、丹波市にある県立年輪の里に行き、木工体験を行いました。お昼は、近くの回転ずしやケーキ屋さんに行って、好きなお寿司やケーキを食べ、友だちや先生と団らんしながら楽しく過ごしました。天気も良くて、のんびり歩いて移動するなど、1年生の生徒同士の友達の輪が広がりました。

高等部後期現場施設実習が終わりました

10月23日~27日にかけて、後期の現場施設実習を行いました。(一部の生徒は、時期をずらして行います)高等部3年生にとっては、卒業を目の前にした進路決定を見据えた活動となりました。生徒一人一人が目標持ち取り組みました。企業・事業所様のご理解・ご協力のおかげでかけがえのない貴重な体験となりました。

お世話になった企業・事業所様 敬称略 順不同

ワークスペースsora 襷農園 さぽーと・けあぺん JA丹波ささやま営業部

丹波篠山市役所 ユニバーサルカレッジ 陽だまり 和寿園 豆畑

西紀デイサービスセンター シゴトバ みずほの家マザーハウス

今田幼地園 いなかの窓 ユニクロ 神戸上津台店

ありがとうございました。

 

防火学習 中学部・高等部 10月13日

10月13日、中学部、高等部の合同で防火学習を行いました。

丹波篠山市消防本部より講師をお招きして、水消火器体験を行いました。消火器を持つ、ホースを外す、ピンを抜く、的(火点)をねらって、レバーを操作するという一つ一つの動作を確かめながら体験を行いました。いざという時のために、どこに消火器があるかを知っておくことも大切だと教わりました。

市長学校訪問 高等部

10月4日(水)丹波篠山市酒井市長の学校訪問があり、高等部の生徒が丹波篠山市の取り組みや特色についてのお話を伺いました。市がまちなみを大切にしていることや市の特色などについて教えていただきました。生徒からは、人口のことついて質問するなど、生徒なりに丹波篠山市の未来について考えていたようです。

最後は、みんなでデカンショ踊りを踊りました。

身だしなみ・着こなし講座 高等部

10月2日(月)高等部では、洋服の青山三田学園前店の方を講師としてお招きして、身だしなみ・着こなし講座を実施していただきました。おしゃれな着こなしや、改まった場面での着こなしについて教えていただきました。また、実技では、ネクタイの結び方を教えていただき、少し大人びた雰囲気となりました。

カラーサンドづくり 高等部

高等部では、「里山工房くもべ」(兵庫県丹波篠山市西本荘)内の手作り工房「K’sGARDEN(ケーズガーデン)」の金崎さんにお世話になり、生活を彩る制作活動を9月21日から始めました。

今回は、「カラーサンド」づくりにチャレンジしました。色のついた3色の砂を選び、少しずつ重ねながら入れていき、飾りを付けます。色とりどりの個性のある作品ができました。

お家で飾るなど少しでも生活に彩りを与えられることでしょう。

高等部3年生修学旅行2日目②

修学旅行2日目の午後は、海遊館を後にしてあべのハルカスと天王寺のショッピングセンターでの買い物学習となりました。

あべのハルカスの60階からの眺めは圧巻で、子どもたちだけでなく、引率教員も恐る恐るの見学でした。しかし、少しずつ慣れてきて景色を楽しみました。いよいよ最後の行程となった買い物では、計画通りに買い物ができて疲れも飛んでいったようです。

帰りも電車を使い、無事篠山口駅に到着しました。あっという間の二日間でしたが、貴重な体験、楽しい体験をすることができました。少人数の中でも、同伴してくださった旅行社の添乗員さんにも感謝いたします。

この体験を今後の学校生活や卒業後の余暇の過ごし方にも活かしていきます。

 

 

高等部3年生修学旅行2日目①

9月15日(金)修学旅行2日目となりました。昨晩は、それぞれの部屋に分かれて、落ちついて過ごせました。午前中は、ホテルを出発し、船で移動し海遊館に向かいました。

海遊館では、さまざまなエリアで写真を撮り、海や川の生き物を見学しました。