インフルエンザ用 登校届

インフルエンザ用登校届(篠山養護学校用)

インフルエンザ用登校届(早期発達支援室用)

 

令和元年11月26日 更新

さて、お子さまがインフルエンザにかかられて完治後に登校される場合、医療機関で記入していただく「登校許可書(登校してもよい日を証明する書類)」の提出から「インフルエンザ用登校届」の提出に変更になるとお知らせしたところですが、市内の医療機関を受診された場合は原則「り患証明書」が発行されますので、登校する際には「り患証明書」を学校へ提出いただくようお願いいたします。

市外で受診されるなど、初診の際に「り患証明書」が出されなかった場合には、受診された医療機関で発症日を確認いただき、「インフルエンザ用登校届」を保護者で記入のうえ学校へ提出いただくようお願いいたします

なお、上記の取り扱いについては「インフルエンザ」のみになりますので、その他の感染症にかかられた場合はこれまでどおり医療機関で記入していただく「登校許可書」を学校へ提出いただくようお願いいたします。

1.対象疾病   インフルエンザ

2.登校可能日  インフルエンザにおける出席停止期間の基準

【発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで】の翌日

※幼児とは小学校入学前の園児のことです。

3.インフルエンザ用登校届は添付の様式をコピーしていただくか、学校のHPよりダウンロードしてご使用ください。