気象警報の発令時の対応

天気予報の「警報」の扱いについて

(1)午前7時現在で兵庫県「全域」、「南部」、「篠山市」に警報( 大雨、暴風、洪水、大雪等) が発令された場合は、幼児児童生徒の安全を守るため、「臨時休業」とします。
学校からも、携帯メール連絡網「ささようメール」で連絡いたしますので、ご了承ください。

(2) 登校後に「警報」が発令された場合は、幼児生の安全を第一に考え、天候や周囲の状況等を十分考慮し、下校の処置をとるかどうか等を、学校側で判断いたします。その場合、各家庭に連絡するとともに、引き渡しの措置をとる場合もあります。

(3)「警報」が発令されていない場合は、学校からの連絡等がない限り平常通りとします。

◎ 警報が発令されていなくても激しい雨が降っていたり、道路・河川・橋など、通学路が極めて危険な状態にあると保護者が判断された場合は、登校を見合わせる等の措置をとってください。その際、学校には必ず連絡を入れてください。